【新宿のホテルスタッフに聞いた】ホテルで清掃スタッフとして働くことの大変さ、苦労話

【新宿のホテルスタッフに聞いた】ホテルで清掃スタッフとして働くことの大変さ、苦労話

新宿のホテルで清掃スタッフとして働くこと

新宿にはたくさんのホテルがありますので、それに比例して多くの清掃スタッフを募集しています。客室の清掃状況によってはお客様が再度訪れるか、それとも二度と来ないと思うかを左右する重要な仕事だけに、大変なことも多く、苦労話も絶えません。

一番大変なのはかなり重労働であること

客室の清掃は広い部屋だと2人体制で行うところもありますが、新宿のようにビジネスホテルの多い地域は基本的に1人で1部屋を清掃していきます。トイレに浴室、客室を清掃し、備品を揃え、ゴミを片づけてシーツなどを交換します。


とにかく短時間の中で休むことなく動かなければならないため、体力的にはかなり重労働ですし、シーツ交換にしろ掃除機をかけるにしろ、中腰で行う作業が多く、腰に負担がかかるのが最も大変なところです。


さらに、人は自分の部屋ではないとなると、かなり乱雑に使うものだということを痛感させられるのも苦労話に多いことです。脱ぎ散らかされたバスローブや浴衣、あちこちに散らばったゴミに、汚れがひどいまま放置されたトイレなど、客室に一歩足を踏み入れてげんなりということが少なくありません。

慣れるまでが大変


体を動かすことが苦にならないという人や、作業をしていても腰が痛くなることはないという人であれば、慣れるまでが大変です。体を動かして覚え込んでいくのが客室清掃スタッフの仕事ですが、慣れてくると自然に体が動くようになります。


客室のどの部分から清掃していくと効率がいいかや、どう動くと一度にいろいろな仕事を終えてしまえるかなどがわかってくると、自分なりにやり方を工夫できます。


部屋を清掃し終えるまでの時間を測ってみたり、1日に何部屋清掃できるかにトライしてみたりといった具合に、自分だけで仕事をするからこその気楽さもいいところで、そうなるまでは効率が悪くてもひたすら我慢が必要です。

時にはうれしいこともある

掃除をしていたら、廊下で偶然、お客様に声をかけられて感謝の言葉をいただくこともあります。


清掃スタッフは普段の業務の中でお客様と接する機会はほぼないのですが、「キレイにしてくれてありがとう」などと声をかけられたら、ご自身の仕事ぶりが評価された思いがするでしょう。


部屋がキレイであることは、ホテルにとって当たり前なのですが、その状態にするまでの経緯をお客様が理解してくださった時は清掃担当のスタッフのことを考えてくれたのだと、感激できるはずです。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
    わ行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×