ホテルの清掃。楽しいと思える瞬間とは?

ホテルの清掃。楽しいと思える瞬間とは?

大変、でもやりがいもある!意外に楽しいホテル清掃のお仕事

ホテルに欠かせないのがフロントや客室をキレイに保つ「清掃」のお仕事です。清掃のお仕事は、「キツイ、汚い・給料安い」といういわゆる「3K」のイメージが強く、できればやりたくないといったイメージがあるかもしれません。

しかも、若い人があえてホテル清掃のお仕事を選ぶ事は少なく、どちらかというと年金が足りないシニア世代や時間に融通を利かせたい主婦層が細々と働いているような印象を持っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、実は都心部のシティホテルや回転率が早いビジネスホテルでは、若い世代もシニア世代や主婦層に負けず積極的に応募し働いています。

その理由としては他に仕事が見当たらないというごく一般的な理由から、自分のスケジュールに仕事の都合が合わせやすく、働き方の調整がしやすいから選んだという方まで多彩です。また、副業としてホテルの清掃を選ぶ方もいます。

「3K」のイメージから渋々始めた仕事ですから、すぐに辞めてしまうかもしれないと思いながら働き始める方も多い中、実際に働いてみたら意外に楽しく、やりがいも感じ、自分でも驚くほど仕事が続いているという方が多いのです。

ホテルの清掃のお仕事にはどんな面で楽しく、やりがいを感じるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

お客様から感謝されたとき

ホテル清掃のお仕事で最も楽しいと思える瞬間は、やはりホテルを利用するお客様から感謝されたり、労いの言葉をかけられたりしたときです。

清掃作業はお客様がチェックアウトした後、次のお客様がチェックインするまでの間に行われるのが一般的です。

それでも、部屋を出発する際に「ご苦労様です」「部屋がキレイだったので気持ちよく過ごせました」と感謝の言葉をかけてくれるお客様がいると、一気に嬉しさや仕事に対してのやりがいを持てる、と感じる方が多いようです。

また、連泊されているお客様や出張などで頻繁にやってくるお客様は、清掃スタッフの顔を覚えていてくれることもあります。

「いつもありがとう」「ゴミ1つ落ちてなくてピカピカだね」「気持ち良く過ごさせてもらっていますよ」と気さくに声をかけて下さる方もいるようです。

こうしたお客様の感謝や労いの言葉は「自分が社会の役に立っている」と仕事へのモチベーションアップに繋がります。お客様からの評価はやはり何よりのやりがいになり、楽しい気持ちになります。これが、清掃スタッフが「想像以上に楽しい」と感じる理由の1つです。

他のスタッフから喜ばれたとき

ホテルでは清掃スタッフ以外にフロントやレストランの給仕スタッフ、案内スタッフなど様々なスタッフが多く働いています。

これらのスタッフはホテル内においての各担当におけるプロフェッショナルではありますが、清掃やクリーニングに関してはほとんど知識がありません。

そのため、ホテルのどこかで汚れが発生した場合、汚れを落として元通りにするのも清掃スタッフの大切な仕事です。レストランや客室でお客様やウエイター、ウェイトレスが飲食物をこぼしたりした場合、まずはレストランのスタッフが簡単に清掃を行います。

しかし、知識がないスタッフでは汚れが落ちないことも多くあります。そこで専門技術を持つ清掃スタッフの出番です。

落ちなくて困っているシミや汚れを専用の道具で簡単に落とすと、レストランのスタッフは驚きながらも喜んでくれ、清掃スタッフの技術や心遣いに感謝してくれます。これはフロントや玄関といった場所でも同じです。

お客様が汚してしまった時、サッとやってきて片付けてくれる清掃スタッフはとても頼もしく見えます。清掃スタッフは日頃から行っている仕事からどこがどんな風に汚れてしまうかの見当がつくため、汚れを簡単に落とす手段を知っているのです。

元々、フロントやレストランのスタッフはお客様への対応で手一杯で、汚れや衛生面まで手が回らないのが現状です。そんな時に、すぐに駆けつけて嫌な顔1つせず、手早くキレイにしてくれる清掃スタッフには感謝の言葉がかけられます。

お客様だけではなく、スタッフからも感謝や労いの言葉がかけられれば、仕事へのやる気もさらに上がっていきますね。清掃スタッフの仕事にやりがいを感じる方は、こういった小さな感謝に喜びを感じる方が多いようです。

仕事を覚え、作業が速くなって余裕が生まれたとき

Level Up!

ホテルの清掃スタッフを始めたばかりの頃は覚えることが多く苦労もあるでしょう。客室の清掃やベッドメイキング、ホテル全体の清掃も手がける必要があり、先輩スタッフの倍以上の時間がかかり、もどかしさを感じてしまうかもしれません。

しかし、清掃の仕事は「慣れ」と「経験」さえ積めばどんどんとスピードと効率が上がっていきます。慣れていけばいくほど手際が良くなり、手早くキレイに整えることができるようになるでしょう。

1人前になってくれば、どんどん仕事も楽しくなってきます。もっとスピーディーに仕事を進めるにはどうしたらいいか、もっとキレイに整えるにはどうしたらいいかと工夫するようになり、それが楽しいと感じてきます。

仕事に余裕が出てくると、客室を出る際の心遣いにも磨きがかかってきます。テーブルやベッドの上に折り鶴を折ってお客様をお迎えしたり、メッセージカードを書いておく清掃スタッフもいます。

宿泊客がチェックアウト時にその折り鶴やメッセージにお礼のお返事を書いてくれることもあります。それを見つけたときは、楽しい、嬉しい、清掃スタッフを頑張ってきて良かったと思える瞬間の1つだといえるでしょう。

落ちない汚れを落とせる・他のスタッフには落とせない汚れが落とせたとき

1.「この汚れ、落とせるかな?」の不安は知識と経験で消せる!

清掃スタッフの仕事を始めたばかりの頃は、洗剤の種類や成分についても知識が全くありません。清掃は手早く、しかも汚れたものに対してできるだけ負担のないように汚れを落とす必要がありますが「汚れの種類に合わせて洗剤を使い分ける」といった考えもまだ浮かばないでしょう。

ですが、先輩の指導を受けながら自分でも興味を持って学んでいくことで「この汚れは油性だからこの成分が効果的」「この汚れはアルカリ性だからこの成分がいい」といった判断ができるようになっていきます。

落とせないと思っていた汚れが自分の判断で落とせたときは強い達成感が生まれます。1人前になった、スキルが上がったと嬉しく感じるでしょう。

しかし、汚れてから時間が経ってしまっている、目立ちやすいシミといったものは、元の状態に戻すだけでも相当な労力がかかります。

そんな汚れも、知識と経験があれば汚れの性質を見極め、洗剤の種類を厳選して、落とし方を工夫したら落とせることもあります。これができれば、エキスパートの域に達したという証でしょう。

2.清掃の仕事も、極めれば「カリスマ」になれる!

清掃スタッフの中でも「カリスマ」と呼ばれる存在がいます。ホテル内の設備や客室のリネンやシーツの素材に精通し、どんな汚れでも短時間で簡単に、しかもキレイに落としてしまうような存在です。

そんなカリスマに少しでも近づければ多くの人から信頼され、感謝の言葉をもらいながら仕事のクオリティがどんどん上がっていくでしょう。

さらに、これまで厳しく指導してくれた先輩スタッフに「1人前になったね」とか「自分を超えてしまったね」「あの汚れを落とせるなんて凄いことだよ」と評価されれば、楽しさややりがいも倍増しますよね。

そんな熟練の清掃スタッフになった頃には職場の雰囲気にも馴染み、スタッフとの親しみも深まって、ますます仕事がやりやすくなります。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
    わ行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×