【時給は上がり続ける?】飲食店のアルバイトの動向を探る!

【時給は上がり続ける?】飲食店のアルバイトの動向を探る!

時給上昇はいつまで続くのか

業種を問わず、人手不足が問題となり、人材の獲得競争が激しくなっています。特に飲食店における人手不足は悩ましい状況です。長時間の営業を行う飲食店も多く、混雑するランチや夕食の時間帯は人手を多く確保したいところです。
そこで、人材の獲得競争が特に激しい都心部ではアルバイトの時給は上昇傾向にあります。もっとも、この傾向はいつまで続くのでしょうか。気になる飲食店アルバイトの動向を探ります。

最低賃金への注目もあり今後も上昇傾向に

2019年7月31日、地域別の最低賃金改定額の目安が中央最低賃金審議会から発表されました。最高額となった東京は1013円となり、これは最低賃金制度が始まってから初の1000円超えとなります。
また、全国平均の最低賃金も900円を超えたのは史上初めてのことです。これまではフリーターや学生、主婦の方などがアルバイトを探す際、飲食店同士の時給を比較することはあっても、最低賃金を守っているかどうかまでチェックしていた方は少なかったはずです。

ですが、近年になり働き方改革や賃金の見直しなどの問題が大きく世間をにぎわせ、ネットなどで若い方も気軽にニュースに触れるようになり、最低賃金より高いのか、どれだけ有利なのかという意識が高まっています。そのため、これからは飲食店の経営者は最低賃金以上を当然として、他店より有利であることをアピールしなくてはならず、飲食店の時給上昇傾向は今後もしばらく続くと見られます。

2020年の東京オリンピックまでは下がらない見込み

最低賃金の改定額が史上最高になったのは、折しも2020年の東京オリンピック開催をちょうど1年後に控えた時期です。世界から多くの人が東京をはじめ、日本に旅行や観光、ビジネスにと訪れることが予想される中、飲食店をはじめ、あらゆる業界で忙しくなり、人手が欲しくなることが見込まれています。飲食業界だけでなく、その他の業界との間でも人材の取り合いになるため、時給の上昇や維持はあっても、下げることはないと見ていいでしょう。

オリンピック開催後の動向

オリンピック開催までは、従来以上の客が訪れ、収益もアップすることが見込まれるため、時給を上げても人手を確保したいところでしょう。

もっとも、オリンピックが終わりその勢いが少しずつ落ち着いたとき、時給が大きく下がることはなくても、上昇傾向は頭打ちになるかもしれません。
同じ飲食店で働くなら、このオリンピックの勢いにのって、高時給で働けるアルバイトを探してみてはいかがでしょうか。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
    わ行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×