学歴不問の求人は危険?ブラック企業の特徴を知り、ホワイト企業に就職する方法

高卒や大学中退で、就職先の企業を探す場合、学歴不問の条件で募集している企業を見ることがあります。こうした求人は、ブラック企業など危険な求人なのでしょうか。
高卒でもホワイト企業に就職したい。そう考える方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ブラック企業の求人の特徴を知り、事前に見分ける方法とホワイト企業に就職する方法をご紹介していきます。

ブラック企業の特徴を知りましょう

高卒など学歴不問の条件で求人を探す場合、やはりブラック企業に就職してしまうケースが多いようです。
ここではブラック企業が求人を募集する理由や会社の特徴をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

求人の頻度が高い

学歴不問の条件でブラック企業の求人が多い理由として、中途採用での募集が多いことがあります。
中途採用ということは、辞めた社員の替わりを探しているという事です。
何故社員が辞めてしまうか理由は様々ですが、勤め先の企業に不満があって辞めているケースが多いのです。こうした不満を持つ社員の割合が多く、辞めていく社員が多い場合は募集を頻繁にかける必要が出てきます。

第一印象では分かりにくい事も

こうしたつねに人手が足りず、頻繁に募集をかける企業ほど、ぱっと見は普通の企業に見える事があります。事務所や働いている社員さんの様子などは、気持ちよく働いているように見えます。
ですが実際は会社に不満がある事を隠して仕事している場合も多いようです。

ホワイト企業の募集がないから目立つ

勤めやすく不満が出にくいホワイト企業は、人気があり離職率も低い特徴があります。
こうした理由から、中途採用を募集する必要がない事が多く、新卒募集や口コミを中心に採用している事が多いのです。
一方、中途採用を積極的に募集している「常に社員が不足している」企業は、「学歴不問・未経験でもOK」といった、入社の難易度を低くして募集をかける事が多くあります。
ホワイト企業が募集を掛ける事が少ない分、こうした社員不足の企業の求人が目立つ事になります。そのように入社難易度が低い企業は、実際に就職してからの詳しい勤務内容や、仕事環境などを正確に伝えていない場合が多く、ブラック企業である場合が多いのです。
このように積極的に募集をかけているブラック企業に就職する高卒が多いため、結果高卒はブラック企業に就職する傾向が強くなるのです

採用基準が低く、人手が不足している企業がブラック企業である場合が多いようですね。
他にもブラック企業についての共通する特徴についてこのような例がありますのでチェックしましょう。

ブラック企業内のきまりがある

ブラック企業によくある特徴として、厳しい環境下で働くことで、価値観が麻痺してしまう社員が出てきてしまう事です。
理不尽な課題や苦痛に耐える事が、結果に繋がると信じてしまうため、ひとつの価値観に縛られていきます。
社訓やカリスマオーナーがそのような考え方を社員に浸透させてしまっている為、苦痛に耐える価値観から逸れた考えを持つ者を排除しようと動いてしまうのです。
生き残った社員は益々自信を深めていき、排除した社員の穴埋めのため新たな募集をかけ続けていく。
いわばブラック企業独自のスパイラルに陥ってしまい、企業側がそのような事実に気がつかないケースが多くあります。

募集にメリットしか書かない理由

もうひとつブラック企業の募集の特徴として、「抽象的な表現が多い」事が挙げられます。
「お客さまに新たな価値観をご提供します」「親身な先輩が多く、成長できます」「〇〇のエリアを廻る簡単なお仕事です」など、曖昧な表現で求人しているケースが多いです。
何故なら実際の過酷な職場環境や、厳しい部分を少しでも書いた場合、面接に来なくなってしまうので、具体的な内容を書けなくなってしまっているのです。
待遇や仕事内容に、そのような表現のある募集がある場合、注意しましょう。
ただし、すべての募集がそのような内容であるとも限りません。ケースバイケースである事も覚えておいて下さい。

ホワイト企業の探し方について


ブラック企業が募集を掛ける場合の特徴をご紹介しました。それでは本来の目的であるホワイト企業の探し方についてご説明していきます。

実際に面接で確かめよう

どんな知識も実践しないと意味がないですよね。ブラック企業の特徴はチェックできましたが、まずは興味を持った業種について調べ、何社か面接してみることをおすすめします。
具体的な給与や休暇、残業手当の有無など。細かい質問を企業に尋ねてみる事です。
それらの質問に、明確に答えてもらえるのか。
当然企業ですので、繁忙期など忙しい時期もあるでしょう。そうした答えにくい質問に、真摯に答えてくれる企業なのか。実際に面接官に質問し、「企業を見る目」を養っていきましょう。

企業間の評判をチェックする

興味のある対象企業が出て来た場合、業界の位置付けや口コミ、HPを見るなどして予測を立てていきます。大手の上場企業でないホワイト企業も多数あります。中小や零細企業のホワイト企業の特徴として、B to B(企業間取引き)の企業が多い傾向があります。当然、業界内の評判などを検索していくことで、健全な企業なのかもある程度は調べる事ができるでしょう。あとは実際の面接などで感触を確かめてみる事をおすすめします。

まとめ

今回は、学歴不問の求人でブラック企業が多い理由と、ホワイト企業に就職する方法についてご紹介しました。
やはり人気のある企業=ホワイト企業は探しにくいことが分かりました。
実際の就職活動で、今回ご紹介したブラック企業の特徴を参考にし、企業に積極的に質問をしていくように心掛けてみてください。
具体的な内容について答えが返って来るのか、実際の評判はどうなのか。
そうした確かな基準を持つ事で、ホワイト企業に就職できる確率は確実に上がっていくことでしょう。
ホワイト企業に就職し、長くお勤めできるよう努力していきましょう。
ホワイト企業のホテルのクリーンスタッフの求人はこちら

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×