外国人アルバイトに必ず「ビザ」の確認を!

留学生を雇用した場合の注意点

日本を訪れる外国人の方の数字が年々増えてきています。観光目的の場合もあれば、留学目的もあります。


日本のことを学びたいという向学心を持たれた方の多くは、大学などで学びながらアルバイトをして、生計を立てるケースも多いはずです。また、アルバイト募集の際、「外国人OK」と求人情報を出すと、最も応募が多いのが留学生でしょう。


しかし、雇用側として注意したいのが、「留学ビザ」を持っているだけではアルバイトは認められず、「資格外活動許可」を取得していないと雇用はできません。


さらに留学生には職種の制限もあり、風俗のお仕事は認められません。バーやキャバクラ・パチンコ店やゲームセンターなどの職業も全般的にNGです。店内での清掃や皿洗いでも認められません。それ以外のジャンルでは、資格外活動許可を受けている場合は在留カードの裏面に表示がありますので、裏面まで見せてもらってチェックするようにしましょう。


資格外活動許可を持っていないけれども生活のために働きたいと希望する方には、勤務開始までに入国管理局で資格外活動許可を得るように依頼しましょう。入国時に取得していなくても、後からでも取得は可能です。


また、就労の時間も定められており、週28時間以内でなければいけません。ただし、在籍する学校の夏休みや冬休みなど、長期休業期間なら1日8時間以内で働くことができます。留学生アルバイトを雇った際にはシフトや勤務時間にも注意してください。

家族滞在ビザの場合は?

「家族滞在ビザ」とは企業に勤務する外国人や専門職の方などが、外国から日本に家族を帯同している場合の配偶者と子どもに認められる在留資格です。家族滞在ビザを保持している方の場合も、資格外活動許可がないと雇用できません。


留学生と同様、職種の制限があり風俗店での仕事は内容を問わず認められないほか、週28時間以内の就労制限もあります。また、留学生とは異なり、長期休みの特別就労も認められませんので、夏休みだからもっと働きたいなどの事情に応じないよう気をつけましょう。

日本人の配偶者・永住者・永住者の配偶者・定住者ビザの場合

永住ビザを得ている方の場合、就労制限は特に設けられておらず、フルタイムでアルバイトすることも認められますし、職種の制限も特にありません。ただし、ビザの期限切れがないかのチェックは必要です。


また、日本人の配偶者等・永住者の配偶者といった配偶者系のビザの場合、離婚や死別から6カ月経過しても他の在留資格に変更がない場合、在留資格が取り消されてしまいます。


時折、離婚した後も、そのまま在留を続け、在留資格切れになっている方がいたり、離婚直後であるものの、在留資格の変更を行わないまま働き続けると不法就労になってしまうケースがあります。


配偶者系のビザの方を雇用する場合は、結婚しているかの証明を得るとともに、雇用後、離婚や死別などがあった際には就労上の問題が出るため、報告してもらうように伝えておきましょう。

特定活動ビザの場合

特定活動といってもさまざまな種類があり、特定活動ビザだから就労ができるとは限りません。その人ごとに認められた活動内容が記載される指定書が発行されており、日本でどのような活動を行っていいのかが表示されることになっています。


指定書はパスポートに貼り付けられますので、在留ビザだけでなく指定書の内容もしっかりチェックしましょう。


たとえば、ワーキングホリデーも特定活動の1つです。ワーキングホリデーの指定書を見ると、日本で一定期間休暇を過ごすために必要な旅行資金を補うために必要な範囲内で報酬を得る活動を認めると書かれています。ワーキングホリデーの指定書を持つ方はアルバイトとしての採用が可能ですが、ただし、職業制限はあります。

技術人文知識国際業務ビザの場合

専門的な要素が高い業種で働くことを目的にしたビザである「技術人文知識国際業務ビザ」はフルタイムでの勤務ができますが、職種に大きな制約があります。


たとえば、外国語教師や通訳者や翻訳者、システムエンジニアやデザイナーなどの専門職種として働くことが認められます。


一方で、技術人文知識国際業務ビザの取得者を飲食店のホールスタッフや、コンビニでのスタッフ、工場での軽作業など専門性のない仕事のアルバイトとして雇うことは認められません。

罪に問われないために


もし外国人を不法就労させた場合、不法就労助長罪として3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、あるいは併科される罪に問われます。


不法滞在者や不法残留者などそもそも在留ビザを持っていない人を雇ったり、ビザの種類から認められない在留資格外の仕事をさせたりした場合も罪に問われてしまいます。


「知りませんでした」では済まされないので、アルバイトを採用する際にはビザの種類をしっかり見極めて、働かせても大丈夫であるか確認するようにしましょう。


なお、近年では偽造在留カードを悪用する外国人も増えているため、入国管理局より公開されているICチップを読み取って、偽造や改ざんがなされていないかチェックする方法を導入するのもおすすめです。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×