工場で外国人労働者を採用する際のチェックポイント

工場で外国人労働者を採用する際のチェックポイント

外国人労働者を雇うニーズが起きている事情

日本国内では、急速な少子高齢化が進展し生産を行うべく人口が減少しています。

つまり、国内で日本人を雇おうとしても、なかなかその雇うべき人材を確保することが難しくなっている事情があるのです。しかもリーマンショックによる不景気の打撃や東日本大震災より、ようやく立ち直りかけて、景気が上向きの状態が続き、特に工場などの生産拠点では人手を借りたいほど仕事が増えている背景があります。

そのため国内で人材を確保が難しく人手不足の状況を改善するには、外国人労働者に頼るほかありません。外国人労働者を採用するため、そのチェックポイントがいくつか存在します。

日本の文化の理解力やコミュニケーション能力が高いこと

工場などの分野で働くうえでは、その現場にいる人とのコミュニケーションを必要とすることが多いです。そのためには言われたことを理解する能力を持っているかがまず一つ目のチェックポイントになります。

言葉を話すことができなくても、言われたことをしっかり理解して働いてくれるかがカギです。面接などでやり取りを行う中で、それは簡単に見抜くことができるので、それを見ていく必要があります。

また外国の文化と日本文化は大きく違うことが多いですが、日本文化を素直に受け入れることができるかの視点で、素直さがある人材を採用に絞り込むことが重要です。

モチベーションがある方が多いので寛容的な姿勢で接する

ベルトコンベアーから流れてくるペットボトル

採用する場合には、純粋な日本人が忌み嫌うとされる3Kの仕事を率先して行ってくれるのが外国人労働者のよいところです。3Kは「きつい・汚い・危険」な仕事で、外国人のタフさや独特のモチベーションを持って、そういった仕事も嫌な顔をせずに働いてくれることもあります。

そのため、寛容的な姿勢で接することも大切で、モチベーションがありコミュニケーション能力が高ければ、それだけで優秀な人材と判断できるので、工場では率先して採用を検討するべきです。

その人の良さを仕事でうまく活かす

一方で外国人労働者の中は、勤勉・真面目ではない人もいます。できる限り楽して稼げることを考えている場合も多いのですが、これは国籍に限らず、同じだと思います。

ただ、せっかく日本にまで来て、働いてくれるということなので、人柄を重視して、工場の仕事に面白みを感じてくれるかを基準に採用を展開するとよいでしょう。

もちろん要領がよいことは、イコール業務効率にもつながり、重宝される能力になります。その良さを仕事に活かすよう働きかけてみると良いかもしれません。もっとも工場では性格的にも素直な人材が最終的には適した方になりますので、そういった外国人の方を採用するように心掛けるとよいでしょう。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
    わ行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×