ホテル清掃には知られざる「コツ」がある

ホテル清掃には知られざる「コツ」がある

コツを身につければ短時間で効率的に作業できるようになる

ホテルの清掃の求人は気軽に応募できそうだけれど、体力的に厳しそう、人より時間がかかりそうで不安という方も多いのではないでしょうか。ですが、何事にもコツがあります。テレビ番組などではいかにも体力がなさそうな、細身の女性がバリバリと客室清掃を行ってカリスマと呼ばれて慕われている姿も特集されています。

また、皆さんよりはるかに年齢の高い小柄な方が、次々に客室を掃除していく様子を宿泊客として見た経験もあるのではないでしょうか。

先輩から教えてもらえるノウハウをはじめ、自分なりのコツを身に着けることで、体力や手際に自信がない方でも、スムーズなお掃除が可能となるのです。

段取りや順番を決めておく

客室清掃でやってはならないミスは、「掃除をしていない箇所がある」ことです。うっかり忘れてしまう部分がないよう、サイズや間取りが違う客室であっても、作業の流れの順番を決めておくのがベストです。

最初は時間がかかるかもしれませんが、自分なりの段取りと習慣化で時間が短縮できるようになるので安心してください。

基本はバスルームやトイレなどの水回りからはじめると、ベッドルームを掃除している間に乾いてすっきりできます。特に浴槽に水が溜まったままの場合、最後に行おうとすれば水抜きに無駄な時間がかかってしまいます。まずは水回りに入って、余計な水などがないか確認するところからスタートです。

汚れを落とし汚れを残さないコツ

浴槽やトイレ、洗面台とそれぞれ専用のクリーニング剤を使い分ければ、汚れはしっかり落ちます。クリーニング剤を付けたら、5分から7分ほど放置すると汚れが落ちやすくなります。浴槽にクリーニング剤を放置している間に便器にクリーニング剤を散布するなどしておきましょう。

風呂場のタイルや鏡などをスポンジやタワシでこする際は、上から下が基本です。こうすることで汚れがキレイに落ち、曇りなどもなくなるからです。

ベッドルームは髪1本残さず

水回りを終えたところで、ベッドルームに入ります。

ホテルによって、どこまで対応するのか役割分担は異なります。自分が対応すべき作業の段取りを付けておき、忘れることがないようにしておくのがベストです。たとえば、ゴミ箱のゴミを回収し、寝具類を回収してベッドメイキングを行うとともに、床掃除は奥から手前へと行い、そのまま退出できるようにしてみてはいかがでしょうか。

自分の髪や動いたときに出るチリも落とさず、キレイにできるので効率的です。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    た行
    た行
    や行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×