【ラク?大変?】ホテル清掃の仕事内容とは?

毎日の仕事と一定スパンの仕事に分かれるのが特徴

ホテル清掃の仕事内容は、宿泊されたお客様がチェックアウトした際に毎日行うものと、一定のスパンで行う仕事とに分かれます。

毎日行うことは、浴室やトイレなどの水回り、および客室の床に落ちたゴミや埃を取り除く作業から、使われたタオルやバスローブ、スリッパにベッドのシーツや枕カバーを洗濯に回し、新しいシーツをかけるなどのベッドメイキングと、タオルなどの備品やアメニティグッズをきちんと整理して置いておくといった内容になります。

毎日行う仕事は、前日に宿泊していたお客様がいた痕跡をキレイに片づけ、その日に宿泊するお客様が気持ちよく滞在できる状態にしておくことが重要で、これが毎日の仕事内容の中で最もメインとなります。

もう一つの一定のスパンで行うこととは、毎日する必要はないけれど、長期間にわたって何もしないでいると汚れてくるという場所の清掃作業です。

一定のスパンで行うこととは

一週間程度のスパンで行う清掃の仕事としては、例えばですが、掛け布団を用意しているホテルなら、毎日シーツ交換を行った上で、掛け布団そのものにかけられているカバーの取り換えが挙げられます。さらに、室内の窓と窓枠をキレイにすることや、ドアとドアノブの拭き掃除も一週間に一回程度に行います。

一ヶ月程度のスパンとなると、室内のエアコンフィルターをキレイにしたり、室内に置かれているスタンドその他の灯りに取り付けられているカバーなどを清掃したりする業務が加わってきます。

一週間、一ヶ月スパンで行う必要がある内容に関しては、時期を逃さずに覚えておくことが最も重要です。この辺りのスパンに関しては、ホテル考え方によってまちまちです。

内容が変わるタイミングを自分で覚えておくのか、それとも誰かから指示があるのかは実際に仕事をしてみないとわかりませんが、仮に持ち場が担当制でスパンの把握も含まれているとなれば、時間の配分を考えて取り掛からないと、毎日の業務で時間いっぱいという人は手が回らなくなり、クレームの原因となってしまいます。

ラクか大変かは本人次第

慣れるまではどんな仕事も大変に感じるものですし、特に清掃の仕事は中腰で行う作業が多いことから、身体的に大変という面が多々あります。

さらに繁忙期にはペース配分を考えて取り掛からなければならず、大変と感じることが多いでしょう。その一方で、どのように仕事を進めれば効率よく行えるのかを考えながら取り組むことによって、無駄な動きがなくなり、時間短縮が実現できるとスイスイとはかどって、ラクに感じられるようになってきます。

とにかくひたすら数をこなし、考えなくても体が動くようになれば、ラクと感じるようになることでしょう。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    た行
    た行
    や行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×