ホテル清掃にはさまざまなルールがある。

ホテル清掃の「基本ルール」とは

どんな仕事にも「ルール」があります。ホテル清掃にも基本的なルールがあります。その理由は、どの部屋も同じように整えておく必要があるからです。


清掃する人によって仕上げ方が異なると、リピート利用のお客様は混乱しますし、何部屋かに分かれて泊まっているグループの場合にも、この部屋にはここにあるけれど、あっちの部屋は違うところにあったということで、ホテルにとって信用にも関わってきます。


そのため、最も基本的なルールはどの部屋も同じように清掃し、完璧に仕上げることです。

毎日行う場合

毎日行う客室清掃の基本ルールは、宿泊されたお客様がチェックアウトした後の部屋の客室の床に掃除機をかけ、シーツと枕カバーを交換するベッドメイキングです。


さらに使われたアメニティやゴミなどを回収し、新しいものを補充します。部屋はもちろんですが、トイレと浴室は特にしっかりと行う必要があり、浴室の壁が水滴で濡れているときは、しっかりと水分を拭き取ります。


水垢がひどいときはブラシでこすり落とし、とにかく水滴がどこにも残らないよう、からりとした状態を作り上げることが重要です。


トイレに関しては、トイレ用の洗剤を使ってキレイに汚れを落とし、トイレットペーパーを交換したら、新しく取り換えたことを知らせるために、三角形に折っておきます。これがきちんとキレイにしましたというメッセージであることは、今では多くの人が知っています。


トイレ付近はもちろん、洗面台も水滴が残っていないように拭き取り、きちんとアメニティを並べることでルール通りの部屋の出来上がりです。

連泊の部屋には注意が必要


1泊だけの宿泊客が使った後は、どの部屋も同じように仕上げるやり方でいいですが、連泊したお客さんの部屋の場合、気を付けるべきことがあります。それが、ホテルとして交換が必要なものはすべて交換するという基本をしっかりと行いつつ、お客さんが置いていったものに対する判断をしっかりしなければならないということです。


飲みかけ、食べかけの飲食物は特に判断が難しいところですが、テーブルの上に散乱しているゴミは片づけ、飲食物については封やふたをしたりして、テーブルの真ん中にまとめておくなど、要らないものは処分しましたが、それ以外のものはあえて残しておきましたということが分かるようにします。


これによって、戻ってきた宿泊客が捨ててくれてよかったのにと思えば、自身でゴミ箱に入れるなどするでしょうから、翌日に片づけられます。


私物が置かれている場合にはできるだけ場所を動かさないようにしつつ、散らばっているものは整頓しておくと、きちんと片づけてくれたという印象を与えることができます。連泊の部屋は、1泊だけの場合よりも、より慎重に行うことが重要です。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行
    ま行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×