工場で外国人を採用する際に、事前に準備をしておくことは?

在留資格の確認は必須

工場で外国人を採用する際には、在留資格を取得しているかを確認する必要があります。在留資格といっても種類は数多くありますが、就労ビザのほかにも就労に制限がない在留ビザもその一種です。語学力や高い技術力を要する業務を行わない工場の場合、就労ビザが下りない可能性があります。

しかしながら、トラブルなく働けるように在留カードや就労資格証明書をチェックすることは大切です。就労資格証明書であれば在留資格の詳細を効率よく確認できます。

現在27種類に及ぶ在留資格がありますが、在留カードでは氏名や生年月日のほかにも在留期限や就労制限を確認することが可能なため、雇う側も安心して雇用することができるでしょう。

日本語が分からない外国人のためにマニュアルを用意する

日本語のスキルが高い外国人であれば、それぞれの母国語に合わせたマニュアルや研修を用意する必要はないかもしれません。

しかし、日本語が苦手な外国人を雇用する場合、事前に業務に関するマニュアルを用意し研修を行うことが必要です。

出身国によっては日本の就業規則とは掛け離れていることもあり、事前に日本の就業規則や仕事を行ううえでのルールを伝えなければいけません。

また、入社後にスムーズに仕事に取り掛かれるように和英のマニュアルを用意しておくとよいでしょう。社内に語学が得意なスタッフがいれば外国人向けの研修やヒアリングを行ってもらうことで外国人労働者のフォローをしっかりと行えます。また、日本語のスキルを上げて仕事をしやすくすることやスタッフ同士でコミュニケーションを円滑に図れるように定期的に日本語を学べる研修を行うことも大切です。

住まいを用意してあげる

大手の工場の場合、外国人向けの寮を用意しているところも珍しくありません。しかし、中小企業の工場や町工場の場合、外国人が安心して生活できる寮を用意しているところはあまりないのが現状です。

外国人の多くが賃貸契約を個人で結ぶことに苦戦しており、仕事を求めて日本に来たものの住む場所がないと悩んでいる人も少なくないのです。外国人を工場で採用する際には、寮として法人で住まいを契約することが必要になることもあります。

現在、企業側が住まいを用意するという規則も設けられています。さまざまな規則条件がありますが、外国人が気持ちよく就労できるように契約はもちろんのこと、敷金などの初期費用や家賃の支払いに関する取り決めを事前に行いサポートしていきましょう。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    た行
    た行
    や行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×