工場のアルバイトはどんな人に向いている?

「人と接するのが好き」、「黙々と作業に没頭することが好き」、「何かを教えるのが好き」など、人の志向はそれぞれです。いろいろなアルバイトがある中で、「自分はこれに向いている!」と思って選ばれる方も多いでしょう。

中でも「コツコツと仕事をするの好き」という方にオススメなのが、「工場でのアルバイト」です。工場でのアルバイトとはどんな感じで行われるのでしょうか。今回は工場バイトについて紹介したいと思います。

朝が苦手な人は夜に工場勤務が可能

工場と一言で言っても、扱う商品もさまざま。さらには稼働時間も会社によって異なります。中には24時間稼働させなければいけない工場も多く、その場合には、夜勤のバイトもあるでしょう。

朝が苦手という方で、夜に活動するのが得意な人は、夜勤バイトに向いていると言えます。しかも、夜勤の場合、昼間の勤務よりも給料が高めです。夜のパートの人材が不足している会社も多いので、夜勤のできる人は重宝されるでしょう。

コツコツと飽きずに単純作業ができる人

工場の仕事内容としてよく見られるのが、ラインと呼ばれる「流れ作業」です。食品や何かの部品などが次々と流れてきて、袋詰めのような単純作業をひたすら行います。ライン作業は何も難しくなく誰でもできる作業。同じことの繰り返しです。仕事としては難易度が高くなくとも、飽き性の人には少し辛い仕事ではないでしょうか。

もちろん工場のアルバイトには、ライン以外の仕事もありますが、基本的には単純な繰り返しの仕事が多いようです。工場のアルバイトは、飽きずにコツコツと単純作業を続けることが苦ではない人が向いているでしょう。

集中力に自信のある人

工場では、細かい部品を取り扱うような仕事もあります。また塗料などを製造する場合でも、決められた指示通りに分量を混ぜて色を作っていかなければなりません。検品作業でも、縫製を隅々までチェックする必要が出てきます。出荷した後にミスが見つかっては大変です。ミスなく集中して行うことが重要なのです。

このことからも、工場のアルバイトには「集中力」が必要だと言えます。何事にも集中して行うこと、そして集中力が長時間持続できる人が、工場の仕事には適しています。

人付き合いが苦手な人に向いているが、時にはコミュニケーションを取る必要があることも

接客業とは違い、工場では黙々と単独で作業をすることも多いです。ですので、あまり人付き合いが得意ではない人に向いているというのは一理あります。

けれども、中にはチームで製造していく職場も見られます。それぞれ役割分担がされて、チームで協力して商品を仕上げるのです。

その場合はチームワークが重要であり、お互いに声を掛け合う必要も出てきます。いろいろと上司と相談して指示を仰ぎながら進めていく作業もあるでしょう。

こうした工場では、コミュニケーション能力や協調性のある人が働きやすいと言えます。コミュニケーションの必要性においては、工場のシステムや配属先、仕事内容をあらかじめ確認しておくことが大切です。

不問項目で探す

最寄駅で探す

職種で探す

こだわり条件で探す

Page Top

求人情報をサーチ

分類を選んでください
  • キーワード検索
  • 不問項目
  • 最寄駅
  • 職種
  • こだわり条件
ご希望項目を選択してください
  • キーワード検索

  • 不問項目

  • 最寄駅

    あ行
    た行
    た行
    や行
    や行
    ら行
  • 職種

  • 就業形態

    働く時間帯

現在の検索条件
  • キーワード
    {{ keyword }} ×
  • 不問項目
    {{ value.name }} ×
  • 最寄駅
    {{ value.name }} ×
  • 職種
    {{ value.name }} ×
  • 職業形態
    {{ value.name }} ×
  • 働く時間帯
    {{ value.name }} ×